自分に確固たる自信をつける方法

投稿日: 2016年7月24日  | カテゴリ: 心の勉強

こんにちは

みつばカイロプラクティック鶴見院

院長の伊藤です。


今日は自信を付けたいけど
どうやれば自信がつくかわからない・・・


という方からのご質問にお答えします。


自分に自信を付ける方法





→→結論から言うと


自分で決めたことをこなしていくことです。



あなたも自分で決めたこと
守れなかったことありませんか?


ぼくはたくさんありますよ・・・


でも、本当に決意したことや
本当に大切な事は

必ずやり通す!

これを続けていくしかないんですね。


自信はすぐに付けることはできません。
積み上げていくものなのです。


だから、長いスパンで
自分で決めた事を
続けていくしかありありません。


でも・・・人は弱いもの
僕も弱いです・・



そんなときには

未来の磁石力を借りることをおススメします。



磁石力とは、
未来のあなたのビジョンから
超強力に引っ張ってもらうことです。

その磁力が衰えない限り
あなたのモチベーションは消えません

だから、あなたの望む未来のビジョンを
超・超強力に作ることが必要です!




有名な言葉にこんな言葉があります。

「大きな大樹の樫の木だって、最初は小さなどんぐり」




むかしの僕はドングリの自分を
いつまでも見ていて、
嫌気がさしていたんです。

だから、
ドングリが成長して
樫の木になるように、

自分が成長した
大きな姿を見るようにしたんです。

僕は自分がすごく嫌いでした。

自分が嫌で嫌でしょうがなかったんです。
何やってもすぐにあきらめちゃうし、
何続けても続かないし、

人にどう見られているんだろう?

とか、

人は自分のことを
何ておもってるんだろうか?


とか、

これで大丈夫かなとか?とか


やることなすこと自分に自信がなくって、
何するにしても人の評価ばかり
気にしていたんです。


そんな自分がすごく嫌で、
そんな自分をいつも責めていました。


でも、その大きなコンクリートの枠の中に
自分が埋もれていては、
自分が外に出ることができないんです。


その大きな分厚くて固い、
コンクリートの中に
いつまでも自分を閉じこめていたら、

自分の本来持っている可能性を
外に出してあげることもできないと思うんです。


だからまずは、

そんな自分を認めてあげようと思ったんです。

自分がやっている行動であったり、
考えている思考であったり、

「あれやろう!これやろう!」
と思ってもできない自分。

そんな自分さえも、
まぁ、まぁ、かわいいじゃないかと♪ 


 なんでもかんでも、最初から
パーフェクトにできていたら可愛げもないし、

だから自分をもっと
可愛がってあげようかなって思ったんです。


それまでは僕、
数十年間、長男という立場もあってか、
家を引っ張って行かなければ
いけないという立場もあるし、

本当に誠実、

素直に悪いことは一切しない、

正道を生きる!

みたいな・・・・。

でも、
ずーとこれをやってきて
途中ちょっと疲れちゃったんです。


たまには愚痴ってもいいじゃん。
たまにはみんなでお酒飲んで、
はめ外してもいいじゃん。


という自分を解放させてあげることが
少なかったように思います。


で、辛かったのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
言ってみたら、本当の自分を出せなくて、
良い自分を作っていたんですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

だから、そんな自分も認めてあげて、
ありのままの自分でいいじゃん。

そのままでいいじゃんって、
自分に言ってあげたんです。

やりたいことやろう!って、

言ってあげたんです。
好きなことやろうって言ってあげたんです。

そう思った瞬間から、
心がすごく楽になったし、
軽くなったんです。

自分を信じてあげる事、
自分は絶対できるんだ

っていうこと。


そして、それは自分だけではなくて他人もです。


自分で自分を認めてあげることができないのに、
他人を認めてあげる事なんてできないなと思ったんです。



確かに僕は自分にすごく厳しかったし、
その分周りにもすごく厳しかったと思います。

自分にできるんだから、
あなたもできるでしょ!

っていう勝手な考えを持っていたし、

できない人に対しては、
気合が足んねえんだよ!とか、
気持ちが入ってねえんだよ!

とかそんな感じでした・・・。


でも、そんなことじゃないんですね。
人はそんなことを聞きたくないんです。



そんなことを言えば言うほど、
人のモチベーションは下がってしまうし、
やる気もなくなってしまいますよね。


よく考えればわかることですね。
僕は褒められたいし、
褒められれば嬉しいし、
調子に乗れるし、

仕事のパフォーマンスも上がるし、

でも、長男だからという固い枠の

中に入っていたので、

強くなきゃいけない、
厳しくなきゃいけない


というパラダイムの中に勝手に潜っていたんです。



でも、そうじゃないんだって気づいたんです。

そんな勝手に作っていたパラダイム(枠)
から飛び出すことができました。

それは自分を認めてあげることで、
今までそこにあったと思っていた固い枠が、
幻想だってことに気づいたんです。


枠はもともと無かったんです。

自分で勝手にそこにあると思い込んで、
身動きが取れない状況を
自分自身で作り上げていただけだったんです。


そして、自分はできるんだって思っている、
「もう一人の自分」を信じてあげることが
すごく大事なんです。

だけどたまにその「もう一人の自分」を
信じれなくなることがあるんです。

たまにというか、結構あります・・・。


ということは100%自分を信じ切れていない
ということなんです。



そこで僕は悩みました。
そして、そして、こう思うことにしました。


自分を100%信じてあげられなくなった時には




①自分はできるんだっていう自分がまずいます。

②そんな自分を信じ切れていないもう一人の自分がいます。

③更にこの2人を大きく包むように大きく
見守っている自分がいると思うことにしました。




自分を信じれない時には





そしたら、よしよし頑張れよ!っと思えようになたんです。


他人事なんだけど、安心感が出てきて、
それが自分たちへの自信に繋がってきたんです。

だから、僕は一人じゃないんです。

客観的に見た自分もいるし、
その二人をまた外から見ている大きな自分もいるし、
その大きな自分はいつも天から
俯瞰して見守っている感じがします。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。



みつばカイロプラクティック鶴見院

伊藤でした。



この記事の関連記事

    整体師、カイロプラクター、治療家、施術家、セラピスト、ヒーラーとして開院しているあなたへ   本物になれ 本物になれ 本物に・・・・   私の頭の中にいつも聞こえてくる声 なかなか理解ができなかったけど、その聞こえてくる意

  体のあらゆる痛みこり症状において1番重要な事は 全身に流れている血液血流の流れが滞りなく流れていることです。   人間にとって血液とはなくてはならないもので、 例えて言うとエネルギーです。 食べ物を消化して肝臓に運ばれそこで

  空を見上げるとそこには光の粒がたくさん輝いている。 特に晴れた日の朝はすごい光が眩い位キラキラと光っている。だから空を見上げるのが好きだった。それを見ているだけでエネルギーが湧いてくる気がしたからだ。 バイクで走っている時も空を見


最新記事

初めての方へ
鶴見院について
よくあるお悩み
営業時間 平日 9時~20時
土曜 9時~17時
定休日 金曜・日曜・祝日
施術を受けた患者様の喜びの声
健康的に痩せたいあなたへ
コルギ フェイシャル
酸素カプセル
エキテン 口コミ数1位

エキテン 鶴見エリア

整体・カイロプラクティック部門

口コミ数 第1位

2015年6月現在

〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-35-21

ニックハイム鶴見中央通り1F

JR・京急 鶴見駅 東口 徒歩5分