▼ MENU

膝の痛み改善

投稿日: 2018年4月19日  | カテゴリ: 整体・骨格矯正

膝の痛み改善について


 

当院にいらしているTさん


A6E8FCE2-71E6-4EF5-A07B-A4F714670884.jpg


当初、ひざの痛みで、病院に行くけど、一向に良くならずに途方に暮れていました。病院に行けば手術を勧められるしで、困っておりました。


そこで当院に通う息子さんの勧めで、ご来院されました。最初は歩くのも相当きつく、ひどいものでしたが、数回の調整で体が軽くなり、腰の痛みや、膝の痛みがかなり軽減されました。

 

当院では、骨盤の調整と、ひざの調整、およびテーピング処置にて対応いたしました。


今年の秋にはルンルン気分で紅葉を楽しめるようになりましょう!

 

 

 

 

 

重度な痛みでなければ運動は効果的


通常、ひざの痛みは40代以降から多くなり、変形性膝関節症(膝の変形が原因の痛み)等の診断をもらう方がおられます。


その中でも膝の中にある軟骨(半月板)がすり減ってしまっているかたが多いですね。



痛みがひどい場合はまず初めに医療機関を受診しましょう。そこでレントゲンや、必要であれば、MRI等で状況の確認をしてください。


温めたほうがいいのかとか、冷やしたのがいいのかとかもわからないと思いますので、ここ簡易的にご説明してまいります。



変形性膝関節症(膝の痛み改善方法)


膝の中にあるクッション(軟骨)がすり減てしまい、炎症が起きて痛みを伴います。


炎症とは読んで字のごとく火が二つも入りますので、熱によるたんぱく崩壊が進んでしまうのです。なので、この場合は局所(膝関節だけ)をアイシング、冷やすことをお勧めいたします。


はじめは膝を冷やすなんて!?大丈夫って思うかもしれませんが、これが比較的早く楽になり、改善していくのです。


炎症が強い場合は晴れが出たり、熱くなったり、水が溜まります。その場合はお風呂とかで温まると、その時は痛みの閾値が下がるので楽になったかのように感じますが、そのあとが悲劇です・・



炎症のあるひざは、氷で冷やしましょう。


 








この記事の関連記事

妊婦さんの骨盤矯正 体のメンテナンス(骨盤矯正)で来院しているNさんです。 妊娠6か月になります! 妊娠中は骨盤の矯正とかはよくないと思っている方がいますが、 当院の骨盤矯正(妊婦用)はいたくないし、安心、安全です。 腰の

    心理学や、自己啓発等、学校では教わることのできない学びを、今、社会に出て学んでいます。 現在進行形と言う形ですね。学び始めて早14年が経とうとしていますが、まだまだ自分が納得する形には至っていません。   よく思うことは、学ん

  スティーブン・コビー博士は言っています。   すべてのものは2度創られると!     ・・・・ん どういう意味だって思いましたか?     僕も初めは ん・・・・!でした 要するに 自分が初めに頭の


最新記事

初めての方へ
鶴見院について
よくあるお悩み
営業時間 平日 9時~20時
土曜 9時~17時
定休日 金曜・日曜・祝日
施術を受けた患者様の喜びの声
健康的に痩せたいあなたへ
コルギ フェイシャル
酸素カプセル
エキテン 口コミ数1位

エキテン 鶴見エリア

整体・カイロプラクティック部門

口コミ数 第1位

2018年1月現在

〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-35-21

ニックハイム鶴見中央通り1F

JR・京急 鶴見駅 東口 徒歩5分