▼ MENU

スズメの親子から学ぶ♪

投稿日: 2017年7月1日  | カテゴリ: 心の勉強

 

 

こんにちは。みつばカイロの伊藤です。


毎月1日の日は、院の中にある神棚のお米と

塩と御神酒を取り替えます。


お米と塩は外に撒きました。


ちょっとするとスズメが5匹飛んできて

その撒いたお米を食べています。


そのスズメを観察していると、

親のスズメが1匹と4匹の小さな

スズメのようでした。


親のスズメがお米を食べると、

子供のスズメが3匹ぐらい親の所にきて

親のくちばしからお米をもらっていました。


また親がお米を食べると、

子供のスズメたちが寄ってきて

親のくちばしからそのお米をもらっていました。


ずっとその繰り返しです。


親スズメもお米が食べたいだろうに、

子スズメが寄ってきたら自分が食べれなくて、

お米を子供たちにあげていました。



子供のスズメたちも、親からもらうので、

たくさん食べることができません。


すると1匹の子スズメが、

ずっとそれを見ているのです。



僕は、最初は足でも悪いのかなと

思って見ていたら、その子スズメは

自分でお米を見つけては自分で食べていました。


子供のスズメは親がお米を見つけて

食べる姿を見て、学習していたのです。


その小スズメは自分が好きなように、

好きなだけ、お米を食べていました。


しかし、他の子スズメたちは親が食べたお米を、

親のくちばしから3匹の子スズメたちで取り合っていました。


それを見て感じていたのは、

学習するっていうのは、

とても大切な事なんだなぁと、

そのすずめの親子から学びました。



何も考えないで親から餌を与えられるのを

待っている子スズメと自ら餌を探し出し

食べる能力を身に付けた子スズメは

生きる能力の差に大きな違いが

出るんだろうなぁと思ったのです。


まー、そんなこと言ったって、

どうせすぐに餌の取り方を覚えるだろうけど(笑)



今日は自立について考えてみました。




この記事の関連記事

    言葉(言語)とは、世界を理解するために人が同意した1つの道具です。   「りんご」と言ってください。 まんまるとした赤いリンゴが思い浮かんでくるのではないでしょうか?   言葉を読むとはっきりとイメージ(絵)を思い描くことがで

 ※これらの施術観は伊藤勇独自による考えです。     エネルギーは晴れた日の雲一つない空が1番見やすい。でも慣れてくると曇っていても暗くてもその存在を確認することができる。慣れてくると簡単に取り入れることができるようになりますが、オーソドッ

 ※これらの施術観は伊藤勇独自による考えです。 エネルギーとはこの宇宙を構成している最小単位の物質であり、本来は目に見えることができないものとされています。   ただエネルギーの見方を教えてもらえなかっただけで、見方をマスターすればエネル


最新記事

初めての方へ
鶴見院について
よくあるお悩み
営業時間 平日 9時~20時
土曜 9時~17時
定休日 金曜・日曜・祝日
施術を受けた患者様の喜びの声
健康的に痩せたいあなたへ
コルギ フェイシャル
酸素カプセル
エキテン 口コミ数1位

エキテン 鶴見エリア

整体・カイロプラクティック部門

口コミ数 第1位

2015年6月現在

〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-35-21

ニックハイム鶴見中央通り1F

JR・京急 鶴見駅 東口 徒歩5分